オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-03-13

算数の学習 ~三角形と角~ 

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室の荒井です。

 

首都圏を中心に1都3県に出されている緊急事態宣言は、2週間の延長し今月21日までとすることが決まりました。まだまだ気の抜けない状況が続きますが、藤沢教室は感染症対策を徹底し通常通り営業を行っております。

引き続き消毒や換気、手洗いの徹底、検温などを実施して、安心安全な環境下で活動できるように努めて参ります。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

 

さて、今回は算数3年「三角形と角」の単元で使っている教材教具の紹介をしたいと思います。

 

「三角形と角」の単元

図形の問題はイメージが大切になるため、「頭の中で考えること」が求められます。しかし、「頭の中で考えること」はとても難しいものであり、つまずくお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

この単元では、二等辺三角形、正方形の定義・性質や作図、角の大きさ(大小比較)について学習していきます。イメージが難しいお子さんでも、様々な視覚的教材・教具を用いてそれぞれの課題に取り組める環境を作っております。

 

まず本単元において、二等辺三角形正三角形定義や性質について学んでいきます。

二等辺三角形の定義・性質

 

正三角形の定義・性質

 

と上記の内容を覚えていくと思いますが、二等辺三角形と正三角形の性質について確かめる為に、実際にそれぞれの形の紙を用意して調べていきました。

 

 

折ったり重ねたりすることで等しい辺がどこか、また角の大きさを把握することができ、それぞれの定義・性質を視覚的に再認識できました。

 

言語化に加えて操作活動を行うことが理解に繋がる方法の1つだと考えられます。

 

実際にこの作業を行うことで、最初はどの図形が二等辺三角形か正三角形かを見つけるのが難しかったお子さんもそれぞれ図形の性質に着目して判断することができていました!

 

図形の性質が理解できると、その後のコンパスを使った作図の問題についても解きやすくなると考えられます。

コンパスの使い方については、

苦手なことへのアプローチ ~コンパスの使い方~

上記のブログを合わせてご覧いただければと思います。

 

最後に・・・

同じ問題でもお子さんによって理解の仕方解決の仕方つまずくポイントは違います。そのため、一人ひとりに合った支援が必要になります。

藤沢教室ではお子さんのつまずきに向き合い、1つでも多く解決していけるように支援を行っていきたいと思います。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。