オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-05-14

発達の課題~高学年編~

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室です!

ゴールデンウィークが明け、だんだんと暑い日が増えてきていますね。お子さんたちからは連休中の思い出話がたくさん飛び交っていました!

 

さて今回は以前ご紹介していた『発達の課題』の中で、小学校中~高学年の課題について考えていきます。

 

発達の課題とは

 

文部科学省が出している『子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題』によると、小学校高学年のお子さんは以下のような発達段階であると言えます。

 

 

個人差はありますが心身ともに成長していく時期です。その個人差に気が付き劣等感を持ちやすくなる時期でもあります。

 

9歳の壁

 

勉強面や内面の変化が大きい〈小学校3~4年生〉は、大きく成長する時期ですがその反面不安を感じやすい時期です。

この年代に自己肯定感が失われ、自信を持てなくなることを『9歳の壁』と言います。

〈お子さんの行動の例〉

 

〈考えられる原因〉

 

オレンジスクールでできること

 

文部科学省によると、小学校高学年の発達において重要な課題として

 

①抽象的な思考への適応や他者の視点に対する理解

②自己肯定感の育成

③自他の尊重の意識や他者への思いやりなどの涵養

④集団における役割の自覚や主体的な責任意識の育成

⑤体験活動の実施など実社会への興味・関心を持つきっかけづくり

 

が挙げられています。

 

 

藤沢教室ではお子さんが指導員と1対1の学習時間の中でイメージの難しい問題をじっくり解いていったり、学習の難易度を調整しながら達成感自己肯定感を感じてもらえるような支援をしています。

遊びの時間の中では、お子さん同士が関わって集団遊びをできる機会を作っています。

また、相手のお子さんとのやりとりのきっかけや新しい遊びを知るきっかけ作りを心掛けています。

 

 

まとめ

「自己肯定感が高められるような教材の準備と声掛け」

「集団活動に楽しく参加できる環境や療育道具の準備」

をしていき、お子さんたちが教室でよりよい時間を過ごせるようにしていければと思います!

 

************************

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】

 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

 

************************

 

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。

※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれています。

 

************************