オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-10-10

療育道具を紹介します!

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室の荒井です。

 

10月になりましたね。朝晩は少し肌寒くなり少しずつ秋めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、風邪に気を付けて過ごしていきたいですね。

さて、今回は藤沢教室に新しく入った療育道具について紹介します!

 

魔法のじゅうたん!?

 

1つ目は、「空飛ぶじゅうたん」です。

今までのバランスゲームとは違い、磁石の特性を生かし宙に浮かせています。

「魔法のじゅうたんだ!」

お子さんたちはみんな興味津々、早速手に取り遊んでいきました!いつ落ちるか分からないドキドキでお子さんは楽しく遊んでいます。お友達同士で楽しさを共有している姿も見受けられました。

磁石との距離で難易度も変えられるため、バランスゲームを苦手としているお子さんも遊びに参加することができます。また、同時にバランス感覚から集中力手指運動など遊びの中で養うことも可能です。

 

お題に合った言葉を見つけられる?

 

次にご紹介する療育道具は「ワードスナイパー」です。

 

「お題(青いカード)」に合う「文字(黄色いカード)」から始まる言葉を答えるワードカードゲームです。語彙が少ないお子さんでもこのゲームを通してたくさんの語彙に触れ学ぶことができます。

職員も思いつかないような言葉がお子さんから出てくることもあります。他のお子さんからの「すごい!」「思いつかなかった!」という言葉を受け、照れくさそうにしながらも嬉しそうにしている姿が見られました!

 

大混乱のメモリーゲーム

 

最後にご紹介する療育道具は「デジャブ」です。

順番にカードをめくり、カードに示されたアイテムが2回登場したと思ったら、そのアイテムを素早く取っていきます。記憶を頼りに、デジャブを起こさずに最も多くアイテムを手にした人が勝ちです。

「あれ、これあったかな・・」「まだ出てきてないよね?」

一生懸命に思い出そうとしながら、時にはお友達と話し合いながら考えるお子さんの姿がとても印象的でした。他のお子さんとの関わりは、言葉遣い他人との距離感などコミュニケーションを取る練習にも繋げることが出来ています。

藤沢教室では今後も、お子さん1人ひとりの特性や発達段階を的確に捉え、お子さんの持つ力を最大限に引き出し、成長できるような療育時間を提供していきたいと思います。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。