オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2018-04-17

楽しいから続けられること~手先指先トレーニング~

オレンジスクール藤沢教室の荒井です。

春休みも終わり、いよいよ新年度がスタートしましたね。

改めまして、ご入学、ご進級おめでとうございます。

 

今年度もお子様の健やかな成長を見守りながら楽しい生活を送れるように

職員一同頑張って参ります。

 

今日は、オレンジスクール藤沢教室で大人気の「アイロンビーズ」の作品をご紹介したいと思います!

アイロンビーズ


 

これは小学校低学年のお子さんが作った作品です。

図案を見ながら指導員と一緒に作っていきました。ピンセットを上手に使って細かい作業をしています。まだピンセットを使うのが難しいお子さんは、手などを使って慎重に作っています。

 

 

これらは、小学校高学年・中学生が作った作品です。

シリーズ物、人気ゲームのキャラクターや道具などを作っています。

とても格好良いですね!

色合いはもちろん、影なども上手く表現されています!また、キーホルダーにするためにチェーンを通す穴をあらかじめ空けておく工夫も見られました。

中には、「教室に飾るように作った!」というお子さんもいます。教室内がとても明るくなりました!

 

 

他にも丸い作品を作り、紐を通すことで「ブンブンごま」を作っているお子さんもいます!

 

実際に回してみると、こんな綺麗に出来上がっています!

これを見た他のお子さんは「すごい!」「僕も作ってみたい!」と驚きや興味感心の声が教室中に飛び交いました。アイロンビーズをきっかけに自然と子ども同士でのコミュニケーションが取れる環境が作られています。

 

「アイロンビーズはやってみたいけど、細かい作業は苦手だな・・」「不器用だからできないよ」というお子さんにも、まずはその子にあった「役割」を与え、様々な経験をする場を設けながら指導員がサポートをしていきます。「必要なビーズを集める係!」というのも立派な役割になります!その役割の中で「指先手先のトレーニング」や「集中力を養う」ことにも繋がります。

このような場を設けることで、役割をもらったお子さんの中に自然と「責任感」が身についていきます。また、作品が出来たことで成功体験を積むことができ、自尊心を高めることもできます。

指先を使う動作は、普段の生活の中でたくさんあります。

お箸を使ったり、小さなものを掴んだり、ボタンを留めたりと、どれも日常生活を送る上で必要な動作になりますよね。それらの動作を習得しようとたくさん練習しているかと思います。

しかし、苦手な動作を習得できるまで何度も練習し続けるのではお子さんにとっても辛い経験になる可能性も考えられます。

 

オレンジスクールでは、楽しい遊びの中苦手を克服する機会を今後も多く作って参りたいと思います。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。