オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-01-08

図形っておもしろい!想像力と想像力をきたえよう!

あけましておめでとうございます!

オレンジスクール藤沢教室です。

年が明けて2019年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

想像力・空間認識力UP

さて、今回は子どもたちに人気の療育遊びグッズを紹介したいと思います。

こちらの磁石ブロックです!

三角と四角の磁石がたくさん入っており、他にも四角の磁石にはめられる数字・アルファベットのプレート、タイヤ、六角形の磁石もあります。

全て磁石でくっつくようになっているので、手先が少し不器用なお子さんでも上手に立体図形を作ることが出来ます。

 

この磁石ブロックは、三角をいくつ、四角をいくつ使えばどんな形ができあがるのかを考えながら取り組むので想像力がきたえられます。

さらに、実際に立方体や三角錐などの図形を扱うので空間認識力UPにもつながります。

 

例えば、六角形は四角と組み合わせてこんな立体を作ります。

 

そこから観覧車に変化させたり・・・

タイヤをくっつけて車にしたりすることができます。

 

 

アイデア次第でこんな形も!

上でご紹介したようなタイヤや観覧車の土台があると作る作品をイメージしやすいので導入には最適です。

では、そういったものを使わず、三角と四角だけを使った場合はどんな立体ができあがるのでしょうか?

例えばこちら。

規則性をもって並べてみました。平面に並べたこの磁石にさらに磁石をくっつけて、立体にしていきます。

 

だんだん、どんな形になるのか想像がついてきましたね!

 

完成図はこちら ↓

 

なんと、三角と四角だけでボールができちゃうんです。

実際に組みあわせてみると想像していなかった形ができることもあるんですね。

 

以上磁石ブロックのご紹介でした。

こんなふうにブロックとして遊ぶだけでなく、図形の勉強や数字の勉強にも使えます。

目で、指で、学べる療育グッズも今後も増やしていきたいと思います。