オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-04-24

グループワークのスキルを磨こう

こんにちは。オレンジスクール藤沢教室です。

 

新学期が始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。

藤沢教室でも、新しいクラスのお友達や先生のお話をしてくれたり新しい制服を披露してくれたりと、新生活に少しずつ慣れてきた様子が見られます。

 

 

今回は、学習の一環でグループワークに苦手意識のあるお子さんを対象に行っているディスカッションの練習についてご紹介したいと思います。

 

方法

対象のお子さん1名と、指導員1~3人でグループワークをしていきます。

また、指導員のうちの一人が司会進行やタイムキーパーをします。

 

手順

ある日の学習時間を例に、簡単に進め方を紹介していきます。

今回グループワークに参加したのは、お子さん1名と指導員3名の計4名です。

 

①テーマ発表

今回のテーマは「オリジナル給食を考えよう!」でした。

 

それぞれ思い思いのメニューを考えていき、プリントにまとめる時間は5分ほど設けました。

 

 

②意見交換

 

司会進行の指示に従って順番に意見を発表していきます。

他の人の意見もメモして、みんなの意見を一つにまとめていきます。

 

今回参加したお子さんは初め、メニューにトマトを入れて発表してくれましたが、「トマト嫌いな人いますか?」とその場でみんなに確認をとってくれました。

結果、嫌いな人がいたので代わりの案として小エビのサラダを提案してくれています。

 

話し合いをする中でみんなの意見をしっかり聞き取り、柔軟な対応が見られました。

 

③まとめ

 

一人ひとつは必ずメニューに入れるルールで、オリジナルメニューをこのように作りました。

お子さんが発表してくれたピラフにお肉が入っていることが話題となり、本人から「主菜が魚ならお肉が入ったピラフをメニューに入れたい」と提案をしてくれました。

この意見にその場にいた全員が納得したのでピラフが採用されています。

 

また、コーヒー牛乳の意見は2票あったので、メニューに採用されました。

 

 

 

ディスカッションはこれで終了です。所要時間は30分程度でした。

全員の意見を取り入れたオリジナルメニューを作ることができました!

 

参加したお子さんは楽しかったようで、次はどんなことをテーマに話し合いたいのかを考えていました。

 

 

この練習を通してコミュニケーション力意見をまとめる力伝える力が身に着けられます。

また、相手の話をよく聞くことも必要なので傾聴力共感する力も伸ばすことができます。

 

 

最後に

学校生活だけでなく、日常生活や社会に出てからもグループや集団での活動の機会は多くあります。

 

そのような場面で、少しでも自信を持って集団活動に参加できるような支援を行っていきたいと思います。

 

 

************************

 

 

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】

 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

 

************************