オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-11-14

「大きい数のしくみ」と「掛け算の筆算」の学習支援

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室の荒井です。

もうすぐ12月。つい先日まで薄着だったお子さんも長袖になり、冬の訪れを感じております。

段々と気温が下がり厳しい寒さとなりますので、体調管理には十分ご留意ください。

 

さて、今回は3年生の算数「大きい数のしくみ」、「掛け算の筆算」の単元の学習について一部ご紹介していきます。

 

大きい数のしくみ

大きい数は、桁が増えていくとより難しさを感じるお子さんがいらっしゃるかと思います。4年生の単元にも繋がる内容になりますので、理解を深めていくことが必要になります。それぞれの考え方については、お子さんの状況に合わせ必要な教材・教具を準備して取り組んでおります。

 

例えば、

位取り表」を取り入れて学習しているお子さんがいらっしゃいます。

 

 

といった問題について、「位取り表」を用いて考えていきました。

「位取り表」と照らし合わせてそれぞれの位の数に注目をして、読んだり書いたりすることが出来ていました。また、空いている位には「0」を入れることにも気づくことができています。

 

他にも、数直線上に表されている数を答える問題では「1目盛り分がどれだけ増えているか」に注目することで答えやすくなります。

最初はどこに注目すればよいのか難しい場合がありますので拡大した数直線を使い、ヒントも加えながら1目盛りの増え方を考えていきます。

いくつかパターンを用意し、繰り返し目盛りの読み方を定着させていきます。

 

掛け算の筆算

掛け算の筆算は、九九を理解していても計算過程での位のズレや繰り上がりの書き忘れなどによる計算ミスが生じてしまう可能性があります。

最初の取り組みとして計算の手順書く位置を意識できるように、「矢印」や「補助線」が書いてあるプリントで学習していきます。

これらの考え方は、「3ケタ×1ケタ」や「2ケタ×2ケタ」の場合でも取り入れることができます。

それぞれの考え方計算の手順が分かると、理解もしやすくなるかと思います。

最後に・・

お子さんそれぞれに得手不得手が存在し、それらを見つけて支援していくことを心掛けております。

お子さんがどこで間違っているのか学習の中で分析していき、今後も学習支援を行って参ります。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・大清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。