オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-09-03

角を正確に読み取るために

こんにちは!オレンジスクールあざみ野教室です。

 

気温が低くなり、日が落ちるのも随分と早くなって、一気に秋になったように思います。

この時期は夏の疲れが出てくる時期でもありますので、体調管理には気を付けていきたいですね。

 

 

今回は小学校4年生の算数で学習する「角」の単元から、角の読み取りについて、教室での支援方法をご紹介させていただきます。

 

 

「直角=90°」「真っ直ぐは180°」と体を使って覚える

学校でも、分度器を習う前に「直角=90°」を復習してから分度器を使います。

90°と180°は角度を測るうえで目安の角度となるため、見ただけで「90°より大きい!」「180°より小さい!」と分かるように覚えておくと便利です。

などと体を使って表現することで「90°」「180°」がどれくらいの大きさかを覚えることができるお子さまもいらっしゃいます。

 

 

角度の予想を立てる

分度器には「100」と書かれている下の方に「80」と書かれています。

そのため「80°」の角を間違って「100°」と読み取ってしまうことがあります。

この間違いをなくすために「90°よりは小さくなりそうだな」「90°よりは大きくなりそうだけど、180°よりは小さくなりそうだな」などと予想を立てることが大切です。

予想を立てることが定着していないお子様には「90°よりは大きくなりそう?」「180°より大きいかな?」などと声を掛けることで、予想を立ててから角度を測ることができるよう支援しています。

 

 

プリントの工夫

角度を読み取る際、分度器がずれてしまったり、読み取る角度の線を見失ってしまったりして、正しく角度を読み取れないことがあります。

そのため、あざみ野教室では、3つの工夫をしています。

 

 

特に3つ目の「近くの10単位のめもりにペンで色をつける」ことで「20°から30°の間かな?」と予想を立てることができ、角度の問題に苦手意識があるお子さまでも取り組むことができています。

 

今回は「角の読み取り」について、教室での支援方法をご紹介させていただきました。

オレンジスクールあざみ野教室では、これからも一人ひとりに合わせた支援に努めてまいります。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

 

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。