オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-06-11

作文の練習方法

オレンジスクールあざみ野教室です。

 

そろそろ梅雨の時期となりそうですね。

教室では、オレンジスクールの木にアジサイがたくさん咲いています

花びらの大きさや枚数、形が一人ひとり違っており、十人十色のアジサイが咲き誇っています!

 

さて、今回は「作文の練習方法」についてご紹介します。

作文を書く際には、言葉を選んだり、並び替えたりする「構成力」が必要とされています。

そこで今回は、オレンジスクールあざみ野教室で取り組んでいる「作文の練習方法」の「構成力を育てる」に焦点を当てて、ご紹介させていただきます。

 

言葉を選んで文を作る

最初は絵を見て「~がある」「~はつよい」など短い文づくりからスタートします。

こちらのプリントでは、「言葉表」から言葉を選んで、絵を見て文づくりを行います。

名詞・助詞・動詞(形容詞)で色分けをしており、それぞれの色から一つずつ言葉を選ぶことで、名詞・助詞・動詞(形容詞)を理解していなくても文づくりができるようになっています。

 

 

言葉を考えて短い文づくり

次は、絵を見て自分で文を考えます。

「~がある」「~がいる」のように「が」ばかりの文ではなく、他の助詞も使って文を作ったり、慣れてきたら「カモメの親子が空を飛んでいる」のように少し長めの文を作ったりできるよう、声掛けをしていきます。

 

 

指定された言葉を使って文を作る

こちらのプリントはイラストがなく、言葉が3つ書かれています。

助詞を自分で考え、3つの言葉を並べ替えて文を作ることで、助詞の使い方主語述語といった文章の構成力を育てていきます。

 

慣れてきたら、複数の単語を紙に書いて箱に入れ、くじ引きのようにして3つの単語を引いて一緒に文章を考えるという遊びもできますね。

 

「作文が苦手」と感じているお子様が「楽しんで書く」ことができるように、保護者の方と交換日記をしてみたり、テレビを見た後に感想を3行で書いてみたりするのも、楽しく取り組めそうですね。

 

 

オレンジスクールあざみ野教室では、楽しく文づくりができるよう、お子さまの発達段階に合わせたプリントを、他にも準備しております。

今後も、少しでもお子さまのご負担や困り感に寄り添えるよう、楽しく効果的に学べるように支援をさせていただきます。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

 

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。