オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-10-17

あざみ野教室の防災対策に関して

オレンジスクール あざみ野教室です。

 

大型台風の上陸により被害を受けられた皆様には謹んでお見舞い申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

幸い、あざみ野教室は被害もなく、開校することができています。

 

 

先日のブログで出題した「サイコロの展開図」の解答です。

 

さて、冒頭の通り、先週末は大型台風の上陸がありました。

この機会に、オレンジスクール あざみ野教室の防災対策に関してお伝えします。

 

 

予測可能な災害(台風・大雪など)

台風や大雪など、事前にある程度予測することができる災害の場合においてです。

教室の開校に影響がでる可能性がある場合は、オレンジスクールホームページの新着情報に休校情報を掲示します。

今回の台風に関しても、事前に臨時休校のご案内をさせていただきました。

https://orangeschool.jp/

 

 

予測不可能な災害(地震・火事など)

利用時間中に起きてしまう可能性がある“予測できない災害”の時は、職員と一緒に災害の規模に応じて行動をすることとなります。

教室入ってすぐの壁面のところには、避難所マップヘルメットなどが配置しています。

 

療育スペースが近くにあることもあり、ヘルメットやマニュアルに興味を持ち手に取ってくれるお子さまもいます。

避難するときの合言葉は、地域や学校によって「おかし」「おかしも」「おかしもち」といくつかパターンがあるようで、子ども同士で「うちの学校は ”おかしも” だよ!」などお話をすることもあります。

 

 

避難場所

一次的に避難する必要があった場合、

地震の場合は『山内小学校』まで避難します。

火災の場合は『あざみ野駅行政サービスコーナー』に避難します。

 

 

実際にあざみ野教室で行う避難訓練の内容は

今後、避難訓練を実施した時にブログにてお伝えします。

 

避難をするような事故・災害が起こらないことが一番ですが、

避難訓練や普段のやりとりの中で、お子さまと一緒に防災意識を高めていきたいと思います。

 

 

最後に問題です。

避難する際の合言葉の「お・か・し・も・ち」

それぞれの意味、わかりますか?

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクールあざみ野教室

【TEL】045-532-3738

【MAIL】azamino@orangeschool.jp

【お問い合わせ】オレンジスクール あざみ野教室

************************

 

あざみ野教室の近くには、あざみ野第一小学校・あざみ野第二小学校・山内小学校・黒須田小学校・新石川小学校・美しが丘小学校・美しが丘東小学校・市ヶ尾小学校・東市ヶ尾小学校・荏田西小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。