オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2021-01-14

遊びを通じた療育【ナンジャモンジャ編】

こんにちは、オレンジスクール青葉台教室です。

 

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ナンジャモンジャ

 

さて、今回は『ナンジャモンジャ』というカードゲームについてご紹介します♪

 

 

ナンジャモンジャのカードには個性豊かなキャラクターたちが描かれていて、プレイヤーはそのキャラクターたちに好きな名前をつけていきます

 

そして再度同じキャラクターのカードがめくられたときに、先程つけた名前を思い出し、そのキャラクターの名前を呼びます

 

一番早くに名前を呼んだ人がそれまで重ねてきたカードをもらうことができます。

 

 

自分の順番が回ってきたときだけではなく、お友達がつけたキャラクターの名前を覚えていなければカードを手に入れることは難しいため、子どもたちは自然とお友達の発言に注目してゲームに参加する姿勢になっていきます。

 

人生ゲームやすごろくなどはお友達の順番を待つ間に手持ち無沙汰になることもありますが、ナンジャモンジャではゲーム中、カードに関心を持っているため、集中が続きやすくなります。

 

また、ナンジャモンジャは子どもたちの発想でキャラクターにいろいろな名前をつけられます。

 

 

考えた名前は、「バンザイマン」や「ソーダ博士」、「タピオカ製造機」など様々で笑いが起こります。

 

お友達と会話を広げることが難しいと感じる場合にも遊びを通じて自然と会話が生まれ、子どもたちの顔もほころんでいきます

 

また、名前をつけるときには色や形など様々な特徴に関連付けて考えることができます。

 

「黄色」から「バナナ」、「三角」から「おにぎり」というふうに連想していく中で、いろいろな言葉を頭の中に思い浮かべるのです。

 

こうして想像した言葉をお友達同士で共有することで、語彙の幅も広がりを見せてゆきます。

 

Aくんが「いちごおにぎり」だと捉えたキャラクターも、Bさんが名前をつけたときには「ぐるぐるほっぺ」になるかもしれません。

 

 

お友達が考える名前と自分が考える名前が違うことは、お友達と自分では考え方や意見が違う場合があるという学びにも繋がりますね。

 

今後も青葉台教室では、遊びの場が学びの場としても活かせるように支援をしてまいります。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成 長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つつじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。