オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-05-21

コミュニケーションにおける話題作り

こんにちは、オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

つい先日、梅雨入りが発表された地域がありましたね。青葉台でも、ここしばらくは不安定なお天気が続いています。

 

せっかく過ごしやすい時期なのに、なかなか外で遊ぶことができない子どもたち。室内でじっとしていては、ストレスが溜まりますよね。

そんなときは、室内で楽しくできる工作活動が有効です。

 

そこで、今回は青葉台教室で大人気の工作活動であるしおり作成をご紹介します♪

 

しおり作成

 

しおり作成では、職員が用意したしおりサイズの画用紙を使います。

 

 

そして、画用紙にそれぞれ好きなイラストを描く、もしくは好きなキャラクターの画像を印刷して貼り付けることで、自分だけのオリジナルのしおりを作成することができます!

 

さらに、子どもたちの将来に向けて少しでも糧になればと思い、好きなキャラクターの画像をパソコンを使って検索する際には、子どもたち自身がパソコンを使って検索をしました。

 

これによりパソコンを使うにはローマ字が必要なことが分かり、ローマ字に対して興味・関心を持つ子が増えたように思います。

中には、「先生みたいにキーボードを早く打ちたい。」と言いながらキーボードを打つ練習をする子もいました!

 

 

そして、最後にしおりをラミネートにかけてリボンを通せば、世界に一つだけのオリジナルしおりの完成です♪

 

完成したしおりを大事に持って帰る子や、青葉台教室で行われている読書の時間に使う子、中には「お母さんとお父さんにプレゼントするんだ!」「先生にプレゼントだよ。」と声をかけてくれる子もいました。

 

コミュニケーションにおける話題作り

 

 

今回のしおり作成は、子どもたちの好きなキャラクターやものを知ることができる良い機会となりました。

また、子どもたち同士の会話の中でも、「え、ポケモン知ってるの!?」や「このキャラクター知ってる?」、「電車が好きなの!」といった声が聞こえてきました。

 

自分の好きなキャラクターやものを誰かに話すのは、楽しいですよね(*^^*)

このように、お友達と好きなことを共有するということは、実はとても大切なことです。

 

お友達に好きなことを知ってもらう、またはお友達の好きなことを知ることで、どんな話題をお友達に持ち掛ければいいのかが分かります。

 

お友達とのコミュニケーションが苦手という子の中には、お友達にどのような話題で話しかけたらいいのか分からずに、自分が話したい内容だけを話し続けてしまう子がいます。

 

その結果、お友達は話を聞いてもらえないことを理由に、その子から離れてしまいますよね。

 

そうならないためにも、お友達の好きなこと、つまりは好きな話題を知っておくことが大切です。

 

今回のしおり作成などをきっかけに、子どもたち同士で好きなことを共有していくことができるようにこれからも支援を続けて参ります。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。