オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-06-21

お買い物の練習~計算プリントを活用して~

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

本格的に梅雨の時期に入り、お天気が不安定な日々が続いていますね。

そこで、青葉台教室では子どもたちと一緒に折り紙でてるてる坊主を作りました。

 

今回折り紙で初挑戦!ということで、子どもたちもはりきって作ってくれましたよ(*^^*)曇り空が続く中でも、教室内はとてもカラフルに彩られていて気分が明るくなりました!

 

さて、今回はお金の計算プリントについてご紹介させていただきます。

 

以前『算数の学習支援について』という記事でご紹介させていただきましたが、今回はより詳しくご紹介できればと思います。

 

お金の計算プリント

 

前回ご紹介したように、お金の計算プリントは空欄の中に自分の好きな食べ物の模型を置き、値段を設定します。そしてその食べ物を千円札や五百円玉などを使って払えるかどうかを考えるプリントです。

 

また、このプリントにはいくつかパターンが存在するため、それぞれご紹介いたします。

 

① お金を使ってぴったりになるように計算するパターン

 

 

これは基本問題として、まずお金の計算に慣れることを目的に用意したプリントです。

普段からお買い物をしている大人とは違い、子どもたちはお金を使って物をやり取りするという経験がまだ少ないです。

そこで、物を買うためにはお金が必要であること、また、たくさんあるお金の種類の中からどのお金を使えばいいのか知ることができるように支援をしています。

 

 

② お金を使って少し多めになるように計算するパターン

 

 

お買い物をした際に、お金を払うとおつりが発生することがあるかと思います。そのため、おつりを想定したやり取りができるように支援するためのプリントとして用意しました。

お金を払う際に少なく払ってしまうとお買い物が出来ずに失敗体験をすることになってしまいます。しかし、お金を多く払う分には成功体験に繋がります。ただ、お金を多く払いすぎないようにするための練習も必要ですね。

 

 

③ 千円札と五百円玉だけを使って支払いができるように計算するパターン

 

 

おつりの概念を理解することができたら、次はお財布の中に千円札と五百円玉だけが入っていた場合について考えます。

少し多めに払うように、かつ、使えるお金の種類が決まっているため、これまでよりも難しい問題となっています。

また、お財布に入っている金額を少し変えてみても色々なパターンを経験することができるため、応用問題として活用していますよ!

 

このように、青葉台教室ではお買い物の際に発生するいくつかのパターンを想定して支援を行っています。

 

ある程度パターンを想定できるようになれば、子どもたちもお買い物に対する不安感が減りますね。今後もさらにパターンを増やしていきながら、お買い物についても支援をさせていただきます。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つづじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。