オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2022-01-28

「時間」の学習支援について~時間感覚を身につけよう~

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

オミクロン株の流行により、神奈川県はまん延防止等重点措置が適用されました。

感染拡大の威力も凄まじく、油断ならない時期に突入しています。

 

引き続き、青葉台教室では感染予防対策を徹底し、子どもたちや保護者の皆様に安心してご利用していただける教室環境等を整えて参ります。

 

さて、今回のブログでは時間の学習についてご紹介します。

 

時計の読み方時間感覚などは普段の生活の中でも必ず必要となるため、青葉台教室でも子どもたちの理解が深まるように支援を行っています。

 

今回はその一部をご紹介できればと思います。

 

時計の読み方について

 

青葉台教室では、時間の問題に取り組む際には時計の模型を活用しています。

 

 

「5時」といった文字だけの表記では針がどの位置にあるのかといった想像が難しいため、実際に模型を使って針の位置を確認します。

 

こうすることで、日常の場面で時間を確認した際に「何時何分」なのかスムーズに判断することができます。

 

また、長針が進むにつれ、短針の位置も少しずつ動いていきますね。

 

そうなると、いまは5時なのか、それとも6時なのかといった判断が難しいお子さんもいらっしゃいます。

 

 

その際には、短針を伸ばしてどの位置にあるのか、次の数字に差し掛かっていなければその前の数字に注目することを職員と一緒に確認します。

 

これらを繰り返すことで、子どもたちも自然と「まだ『9』のところまできていないから、『8時30分』だね!」と時間を把握することができます!

 

さらに、長針を読み取る際には『5飛ばし』の数え方を習得しておかなければなりません。

 

 

そのため、時計の学習の前段階として『5飛ばし』の数え方を練習できるプリントを活用し、支援する場合もあります。

 

時間の感覚を身につけるために

 

発達障害があるお子さんの中には、時間感覚の把握が難しいお子さんがいらっしゃいます。

 

その結果、身支度が遅くなり、学校に遅刻してしまうといったことも珍しくはありません。

 

そこで、時間感覚を把握するために、ストップウォッチを使った支援の方法をご紹介させていただきます。

 

 

こちらは時間当てゲームと題しており、心の中で10秒数え、ちょうど10秒になったと思った瞬間にストップウォッチのボタンを押す方法です。

 

最初は10秒からスタートしていきますが、これを30秒や1分と伸ばしていくことで、時間感覚を実際に体感することができます。

 

こういった方法を積み重ねることにより、時間の感覚が身に着く場合もございますので、ご家庭でもぜひ試してみてください♪

 

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成 長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つつじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。