オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-08-27

〇×問題で避難訓練について学ぼう!

こんにちは。オレンジスクール青葉台教室です。

 

 

8月も後半に入り、夏休みが明けましたね。今年は例年と比べて短い夏休みとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしたか?

感染予防の観点から帰省や旅行ができず、「おばあちゃんの家に行きたかったな。」「家族でお出かけしたかった。」と話す子どもたちの声がいくつか聞かれました。

 

我慢の多い夏休みとなってしまいましたが今年我慢した分、来年は思いっきり楽しめる夏休みになるように職員一同願っております。

 

また、青葉台教室ではこの夏休み期間中に避難訓練を実施致しました。

 

前回は春休みに地震を想定した避難訓練を実施しましたが、今回は火災を想定した避難訓練を実施致しました。

 

今回のブログでは、そのときの子どもたちの様子をお伝えします。

 

プリント学習

 

青葉台教室では、実際の避難訓練前にプリントを使った座学を行っています。

子どもたちにはこれまでも色々な問題に取り組んでもらいましたが、今回は問題を用意しました!

 

 

オレンジスクールで実際に火災が起きたときにどのように行動すればいいのかをで判断します。

 

 

例えば、「火事が起きたため、急いでエレベーターに向かった。か。」という問題の答えはです。

この問題は全員正解することができ、中には「エレベーターは止まるから、階段で逃げます。」と理由を答える子もいました!

 

 

また、「避難するときは、持ち物を全部持って避難する。か。」という問題は少し迷う様子がみられました。

 

日頃から防災グッズをご家庭などで用意している場合は、持っていく必要がある可能性が出てくるからです。

 

しかし、今回はオレンジスクール内で火事が起きたことを想定しています。

 

そのため、迷っている子には「オレンジスクールで火事が起きた場合にはどうするかな?」と声をかけます。

そうすることで状況を想像することができ、を選ぶことができました!

 

火災を想定した避難訓練

 

これまでオレンジスクールで避難訓練を行ってきた子どもたちはもちろん、初めて避難訓練を行う子も職員の説明をしっかり聞いて問題に取り組みました。

 

プリントで学習した後にはヘルメットの使い方を学びます。

 

今回は感染予防、さらには熱中症予防の観点から避難訓練中はヘルメットの着用は行いませんでしたが、実際に火災が起きた際にはどのように使うのか子どもたちと確認をしました。

 

そして、実際の訓練の際には訓練前に確認した「お・か・し・も・ち」のお約束もしっかり守って避難することができました!

 

 

感染予防を行いながらの避難訓練だったため、例年とは違った避難訓練となりましたが、子どもたち、そして職員一同真剣に取り組むことができました。

このようなご時世ではございますが、感染予防以外にも様々なことに気を配りながら子どもたちと過ごして参ります。

 

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成 長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

放課後等デイサービス オレンジスクール青葉台教室

【TEL】045−981−7388

【MAIL】aobadai@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

************************

青葉台教室の近くには、青葉台小学校・榎が丘小学校・藤が丘小学校・もえぎ野小学校・つつじが丘小学校・田奈小学校・桂小学校・恩田小学校・さつきが丘小学校・みたけ台小学校・鴨志田第一小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。