オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-12-04

衣服の支援について

気温もぐっと冷え込むにつれて着るもの増えてくる季節になりましたね。

もうすでに衣替えを済ましたご家庭も多いことだと思います。

着る服が増すにつれて、考えなければならないことも増えていくのではないでしょうか?

今回はそんな服装について療育の視点に立ってお伝えしていきます。

服と感覚過敏

セーターのチクチクが嫌であったり、服のタグが気になって切ってしまうなど聞いたことはありますでしょうか?

これは単にワガママというわけではなく、感覚過敏からきている場合があります。

感覚過敏というのは感覚がとても敏感であり、それによって日常生活に困難が生じてしまうものであり、これは脳の感覚刺激の伝達の違いから起きていると言われています。

我々にとっては些細なことであっても感覚過敏を持っている人からしたらとても気になることであります。

感覚過敏を持っている人に対して、感覚過敏のことを理解せずにワガママと受けってしまったら本人を苦しめるだけでなく、信頼関係すら損なわれてしまう可能性があります。

ここでは感覚過敏の人が気になる事とその対応の仕方についてご紹介します。

 

感覚過敏であると以下のような点が気になるそうです。

これは一部であり、困りごとも人それぞれであります。

チクチクした素材やゴワゴワした素材などが直接肌に触れるのが苦痛であったり、サイズ感が小さく締め付けられる感覚が嫌であったりします。

また初めて着る服が苦手であり、新しい服でも2~3回洗濯してからでないと着てくれないといったこともあります。

服選びの際に大切なのは服の素材です。綿やポリエステル、シルクなど様々な素材があります。

その中で大丈夫そうなものを選ぶことをおススメします。(迷った場合は綿100%を試すのが良いそうです)

サイズも本人の動きやすい大きさのものが良いとされています。

まずは着る本人に試着してもらい、納得してもらうことが大切です。

苦手な感触のものから出来るだけ遠ざけてあげるのも感覚過敏の人が過ごしやすい環境づくりにつながっていきます。

幼いうちの感覚過敏は成長と共に感覚も発達し、苦手だったものが平気になるなんてこともあります。

 

客観視が苦手な場合

同じ服を何回も着てしまったり、服や靴下に穴が開いていて平気であったり、後ろ前逆でも気にしなかったりと服装に対してあまり気にしないなんて話を聞いたりします。

そういった人の場合は自分を客観的に見ることが苦手であることが多いと言われています。

周りの目よりも自分の過ごしやすさを優先してしまい、ちぐはぐな恰好や清潔感のない恰好になってしまうことがあります。

そのような場合は本人にきちんと伝えることが大切です。

他人から見て自分がどう見られているかを伝えることで自己の理解にも繋がっていきます。

また「ちゃんとした服にしなさい」などと言ってしまいがちですが、それだと具体性に欠けてしまいます。

着ていく服を具体的に指示してあげるのも手段の1つです。

また場所に応じて、着る服を指定してあげるのも手です。

学校ではこの服装、お出かけの時はこの服装などとパターンを決めておくのも本人にとっては分かりやすい支援ですね。

その他にも天気や気温に関連付けをし、この気温だったらこの服、雨だったらこの服等と決まり事を作るのも良いかもしれません。

 

服というのは人間が生活する上で、大半の時間身に着けているものであります。

それ故、着ている本人が過ごしやすく場に適した恰好をしてもらうのが望ましいですね。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

じっとしているのが苦手

準備や時間管理が苦手

空気がよめない

周囲が気になり集中できない

こだわりがあり学習にも偏りが多い

文章を拾い読みしてしまう

意外なことで突然癇癪を起す

言葉を直接的に捉えて一喜一憂する

不登校で勉強が遅れている

整理整頓が苦手

朝の準備に時間がかかる

算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

 

【名称・お問い合わせ】放課後等デイサービス オレンジスクール越谷教室

【TEL】048‐940‐5199

【MAIL】koshigaya@orangeschool.jp

************************