オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2020-03-31

図形を楽しく勉強しよう

こんにちは。オレンジスクール越谷教室です。

 

日曜日は、3月下旬にもかかわらず雪が降りました。

寒いと体調面の心配が増しますが、桜と雪の共演は美しいものでした。

 

教室でも引き続き、

手洗い・うがい・咳エチケット備品等の消毒を実施し、

感染症予防に努めてまいります。

 

さて、今回は

図形の学習が楽しくなるような一工夫をご紹介いたします。

 

直角の学習

長方形や正方形、直角三角形の学習で出てくる「直角」ですが、用語を忘れていたり、定義があやふやであったりする様子がお子さまにしばしば見受けられることがあります。

 

そこで、「直角」の学習・復習をおこなう時には「直角さがし」の活動を取り入れています。

 

教室の中で三角定規を持ち歩き、机・窓・本棚などに三角定規の直角を当て

「直角のもの」「直角でないもの」を見つけ、メモしていきます。

 

 

座学ばかりでは退屈に感じてしまいがちなお子さまも、直角さがしでは

「この机の角は直角だけど、こっちの机は丸い」

「窓の隅は直角だね」

と楽しそうな姿を見せてくれます。

 

また、「直角さがし」の後に直角の問題が出てくるプリントに取り組んだ際には、

「この間、教室の中を色々探したよね。直角にはどんなものがあったかな?」と声をかけ、意識づけをするようにしています。

 

円の学習 ~コンパスの練習~

小学校3年生で学習する「円」ですが、手先が不器用なため、コンパスで円を書くことが苦手なお子さまもいらっしゃいます。

 

円がうまく書けなかった経験を積むと、コンパスに対する苦手意識が強まり、ひいては「円」の学習単元自体が嫌いになってしまうこともあります。

 

そこで、まずはコンパスに楽しいイメージを持ってもらうために、コンパスで模様を描く活動を取り入れています。

 

以前、この活動に取り組んだお子さまは

「アーチェリーの的を書いてみる!」と言って

大きさが異なる円を重ね、的のような模様をきれいに描いていました。

 

 

 

今後も、ただプリントの問題に取り組むのではなく、

お子さまが楽しく取り組むことができ、なおかつ記憶に残るような活動を取り入れていきたいと考えています。

 

 

************

【名称・お問い合わせ】放課後等デイサービス オレンジスクール越谷教室

TEL048‐940‐5199

 

MAILkoshigaya@orangeschool.jp

 

付近の小学校には西方小・越ケ谷小・明正小・川柳小・出羽小・南越谷小・宮本小・大相模小・東越谷小・城ノ上小があります。
発達不安・発達障害・LDADHD・自閉症・アスペルガー症候群・不登校を抱えるお子さまに「学習・勉強」「生活能力の向上」「社会性の基盤づくり」の側面を教育・指導いたします。

************