オレンジスクール

一人ひとりに寄り添った教育・指導なら【児童発達支援・放課後等デイサービス オレンジスクール】
「療育×学習」「知能×社会生活能力」により、一人ひとりに寄り添った教育・指導を行います。
発達不安・発達障害・LD・ADHD・自閉症スペクトラム・アスペルガー・不登校を抱えるお子さまに。

2019-12-25

オレンジ色のちから

今年も残り一週間を切りました。

本日はクリスマスということで街中の至るところでと白の色を目にします。

所謂、と言われる色であり、この色を見るとクリスマスだなと実感する今日この頃です。

本日は色についてお話したいと思います。

皆さんは色彩心理というのをご存知でしょうか?

色彩心理とは色が人の心にどのような影響を与えるかを心理的に解明するものです。

オレンジスクール越谷教室では、室内を見回してみると至る所にオレンジが使用されています。

 

今日はオレンジ色の持つ力についてご紹介させていただきます。

 

 

オレンジ色というのは暖色に分類されています。

これは暖かみを感じる色であり、オレンジ色の他には赤色黄色などが同じカテゴリーに分類されています。

暖色は交感神経に作用すると言われており、活動するときは黄色などの暖色系を取り入れると良いとされています。

逆に気持ちを落ち着けたい、リラックスさせたいときは水色などの寒色系を取り入れるのをおススメします。

 

オレンジの力

オレンジ色は赤色黄色の中間に位置しています。この二色の良いところを合わせ持った存在になっているのがオレンジ色なのです。

※ちなみにオレンジ色は好きな色ランキングで暖色系の中では上位にいます。

オレンジ色のイメージとして「陽気」「元気」「活発」「社交的」などポジティブなものが多いです。

太陽の暖かみやハロウィンでのワクワク感もこの色の持つイメージから来ていたりします。

また照明などにこの色を使用することでリラックス効果もたらしてくれています。

またオレンジ色を好む人の性格としては

などがあげられます。またカリスマ性を持った人が好む色もオレンジであることが多いとされています。

「活動的になりたい」「気力も体力もみなしたい」そんなときはオレンジ色を取り入れるのをおススメします。

 

ではオレンジスクールではどのように作用してくれるのでしょうか?

オレンジ色の心理効果はこのように言われております。

などがあげられます。

リラックスしながら前向きに課題に取り組みにはピッタリの色合いですね。

ちなみに食欲を増進させる色でもあるので、オレンジスクールから帰ってきたらお腹が空いているかもしれません。

 

そんな陽気で楽しい空間でお勉強や遊びに取り組んでいけたら素敵ですね。

また機会がありましたら別の色も紹介できたらと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

来年もオレンジスクール越谷教室をよろしくお願いします!!

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

 

じっとしているのが苦手

準備や時間管理が苦手

空気がよめない

周囲が気になり集中できない

こだわりがあり学習にも偏りが多い

文章を拾い読みしてしまう

意外なことで突然癇癪を起す

言葉を直接的に捉えて一喜一憂する

不登校で勉強が遅れている

整理整頓が苦手

朝の準備に時間がかかる

算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

 

【名称・お問い合わせ】放課後等デイサービス オレンジスクール越谷教室

 

【TEL】048‐940‐5199

 

【MAIL】koshigaya@orangeschool.jp

************************